2017年02月22日

行って分かった語学学校 寮の実体験

4910-300x225.jpg
【わたしの英語力】

渡米して三日後の月曜日、レベル分けのテストを受けました。ライティングとヒアリングがありましたが、まあ、ヒアリングのちんぷんかんぷんだったこと。文法はまずまずでした。一応それなりの勉強はしていきましたので。

旅行するぐらいの最低限の英語なら出来ているつもりでしたが、語学学校のヒアリングは難しかった(;o;)

心入れ換えて精進します。


【クラスメイトとご対面】

クラスにはいると、日本人はわたしだけ。
韓国人、台湾人、ブラジル人、エクアドル人、フランス人、スイス人。バラエティー豊かでうれしいなー。別のクラスにはさらに色んな学生が(^^)

サンフランシスコのときはアジア人ばかりでした。どうしてもちかいですからね。

親しくなってみるとわかったこと。
語学留学の理由はさまざまなのです。

自国の学校を休学してまできてる人、
アメリカの大学を目指す人、
休暇を利用してキャリアアップを目指す人、
大金持ちの子女で何となくきてる人、
家族との折り合いが悪く、にげるように海を渡ってきたひと。

いろいろなんです。
すごく考えさせられました。世界に目を向けることの一つはこういうことかもしれないです。

ひとクラスに学生は12,3人。入れ替わりはあるけどきっちり名前も覚えられました。

文法の授業は退屈。留学目指す日本人は余裕です。しかし、スピーチやらスピーキングになると冷や汗もの(^^; 先生に直されたり、授業後にクラスメイトにおそわったり。

先生のなかに、日本で英語教師をしていたかたがいて、「日本人に理解しやすいように」フォローをしていだだいてラッキー。

しばらくすれば、授業にも慣れてぼちぼちと進級していきました。
クラスメイトと一緒にホームワークもたのしかった。


【寮での困りごと】

5087-300x225.jpg

寮の生活でまず困ったことは洗濯のためのコイン集めでした。ランドリーで使えるのは25セントコイン(クォーター)のみ。ひとりだから、週2回くらいしか洗濯しないけど、コインの枚数がいるので常にクォーターはためておくクセが付きました。

寮のお風呂がシャワーしかないのはごくあたりまえのことですが、たまには湯船に浸かりたいこともあります。日本人ですから👀
ある時、寮内にバスタブが一つ有ることをしり、思いきって入ってみることにしました。いつから使われてないか分かんないのでほんとヒヤヒヤ(^^;
きれいにバスタブを洗ってからお湯をはる。

うん、ぬるいっ💦

一番熱くしても、ぬるい。。。

それが最初で最後の寮でのバスタブとなりました。もうあきらめました。。。

私が次に湯船に浸かるのは2か月後、旅行で訪れたニューヨークはマンハッタンのホテルとなるのです👀




posted by sue at 11:16| Comment(0) | 語学学校と寮生活 | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

ボストン近隣と語学学校の寮を散策👀

7685-300x225.jpg
【一夜明けて朝食に】

窓から差し込む太陽の光で目がさめた👀
そうだ、ここはボストン。
今日からから新しい暮らしが始まる。

ルームメートはまだ寝ている。
起こさぬよう静かに部屋を出る。
カフェテリアで初めての寮での食事。
入口でカードを提示するんだった👀
この語学学校は寮生と、ホームスティ生がいる。寮生は学費に食費が含まれているからカードを提示すれば3食全てフリー。ホームスティ生はチケットを購入して食事が取れるシステム。

ビュッフェスタイルだが、朝食なのでさほど品数はないけど、大好きなベーグルが毎日を食べられるのはうれしいなー。
当時はまだ日本ではベーグルがそんなに普及してなかったの。

トーストしたベーグルにクリームチーズをたっぷりと(^-^)あとはノンファットミルクにサラダ。これはボストン滞在中の定番となりました。


【探検、探検👀】

今日はまだテストも授業もないから、近くを散策してみることにした。

とりあえず賑やかな通りに出てみました。
昨日の到着が夜だったので、よくわからなかったし。

9144-300x225.jpg


でっかいアイスクリーム店、郵便局、ドラッグストア、ギフトショップ。土曜の朝なので、ドラッグストアしか開いてなかったので、入ってみた。あとで知ったのですが、
このドラッグストアは「cvs」といって、あちこちにありました。

広い店内にはあらゆるものがあって、びっくり。文房具から、かんたんな食品、衣服、なんでもあり。この後、頻繁にお世話になってるなるお店です。とりあえずこの日は水とお菓子とサンダルを購入。サンダルが一番安くて99セント!寮でみんなこれ履いてたの納得(^-^)

それから少し足を伸ばして、美容室、図書館、さらに病院。徒歩圏内になかなかの充実ぶり。

それから一旦引き返して反対側へ。

素晴らしい池を発見。
後に友人となる日本人の女性がここでフルートを練習していたことを思い出します。
いこいの場所となりました。

さらに男性用の修道院があり、キレイな讃美歌をきくことができました。

さらにいくと、もよりの「T」の駅があり、ダウンタウンへのお出掛けはここからになります。

ランチをとりに寮に戻ると日本人にあいました。偶然にも昨日到着されたばかりですぐに仲良くなりました。


【ボストン・ダウンタウン】

ワタシよりも何倍も活動的な彼女に引っ張られ、午後はダウンタウンへ。
グリーンラインのパークストリート下車。

おのぼりさんであっちこっちうろうろと。ダンキンドーナツでコーヒー買ってボストンコモンとパブリックガーデン散策。ニューヨークでいうところのセントラルパークのような感じかな。馬車はいませんが。

日曜だから、ボストンコモンには
ランニングしてるひとや、
カップルでのんびりしてるひと、
ファミリーでフリスビーなど。

すくそばにはチャールズリバーが流れ、とても美しく魅了されました。
ボストン滞在中は何度も訪れ、さまざまな思いがこの場所にあります。

ボストンには訪れるべきスポットがたくさん(^^)焦らずじっくり回ろうとおもいます。

これまでのところ、順調です。


posted by sue at 18:26| Comment(0) | 語学学校と寮生活 | 更新情報をチェックする

語学留学、憧れのボストンへの旅立ち

8916-300x225.jpg
【ながーい空の旅の始まり】

暖かい春の日、ついに成田空港を飛び立ちました。行き先はアメリカは東海岸の都市ボストン。本格的に英語を学ぶためです。

1年前に大学の春休みを利用してサンフランシスコで短期語学留学を経験していたので大きな不安はありませんでした。

約16時間の長旅。
途中デトロイトでトランジット。
おや、乗り換えの飛行機が遅れてる(^^;
こまったな、でも仕方ないし、今日中に飛んでくれたらよしとしよう。

同じ便の搭乗口のソファに日本人らしい男の子がすわっていました。大学生くらい。「地球の歩き方」持ってる、間違いない(^-^)

ちょっと困ってそうだったので、暇だし声かけてみた。きけば彼も語学留学の予定なのだそう。ホームステイ先に飛行機が遅れる連絡をしたいが上手く伝えられるか自信がなく、躊躇していたらしい。気持ちわかるー。

私の英語だって大したもんじゃないんです。こちらも語学留学なんだもん。でも、事態を伝えるくらいの英語ならなんとかなるかも。

飛行機が遅れるから、そちらでもチェックしてむかえにきてね、と簡単に電話で伝言。やった、やればできる!正しい英語じゃなくても伝わればいいんだもん。

遠い異国の地での助け合いは大事。
幸い飛行機は二時間遅れで出発。
じゃあお互いがんばろうね、と彼とは別れた。充実した留学生活をおくっているといいな。

8726-300x225.jpg

【ついに来たよ、ボストン】

ボストンに到着。
ほんとは「T」とよばれる地下鉄で移動するつもりだったが、飛行機が遅れ夜になってしまったので安全のためタクシーに変更。85セントが30ドルになっちゃったけど、仕方ない(;_;)

初めてきたボストン。
これからの数ヶ月のことを思い、タクシーからの町並みに身震いした。
頑張るぞぉ!

タクシーの運転手さんが、
「この道はボストンマラソンのルートだよ」
と教えてくれた。そうだ、来週ボストンマラソンだったね。観れるかどうかはわからないけど。


【寮にて】

お世話になる語学学校と、併設の寮に到着。
そうそう、写真で見た。こんな感じ。
玄関先にたむろっている外国人が事務所に案内してくれた(^-^)優しい。

早口で色々説明され、部屋に案内してくれた。とりあえず明後日クラス分けのテストがあるんだね。分かんないとこもあったけど、まあ、いいや👀

この寮は元々修道院で、とても落ち着いた雰囲気の建物。古いけど、磨かれた柱が美しいです。気に入りました。

部屋は4階。エレベーターはなし。あちゃ😵

いよいよ、部屋に案内してくれた入るときは緊張〰。だってルームメートとの初対面ですから!

しかし、ルームメートはお留守。拍子抜け。六畳くらいの部屋に二段ベッド。たんすひととつ。クローゼット二つ。
本格的な荷ときはルームメートにあってからの方が良さそう。

ただ、うろうろと寮内を探検👀
長旅で疲れているはずなのに、緊張感からか
元気だった。
たくさんの生徒とすれ違い、その中の日本人と友達になった。手っ取り早く情報収集。

部屋に戻るとルームメートがもどっていた。ブラジル人の高校生。大柄だがフレンドリーな彼女にほっとした(^-^)

そして緊張がほぐれ、どっと疲れが(>_<)
気絶したように慣れない二段ベッドの上で眠りについたのでした。


posted by sue at 13:28| Comment(0) | 語学学校と寮生活 | 更新情報をチェックする